絆ハウス KIZNA とは

はじめに

本当に家が必要なのは「子育てのとき」と私たちは考えます。
大学生になると都会へ出て行く子供も多いでしょう。結婚して別の場所で住むこともあるかもしれません。本当に子供たちと一緒に過ごせるのは、子育てのとき。長くても、十数年。例えば子供たちが高校生時代に家を建て、もし大学などで違う地方に住むとなれば、わずか2〜3年。もし、新しい家を建てても、実はわずか数年しか一緒に暮らせないのです。

もちろん、家は大きなお買い物です。早く建てた方がいいと考えても、決して簡単なことではありません。子育て世代はそれでなくてもお金が必要です。家作りにすべてのお金をつぎ込むわけにはいきません。

このような思いから生まれたのが、子育て支援住宅「絆ハウス」です。

『子育て・子供の教育費・お子様の独立・住宅ローン支払』などに相当なお力を注がれていることでしょう。
それも、人間社会で絶対に必要な責務ですが、それだけが人生ではないと思います。
やはり、責務を果たしながら人生もエンジョイできることも絶対、必要です。

その為にも忘れてはいけないのは、ご主人様と奥様が、それなりに幸せな老後生活までのライフプランが必要ということです。

子育て支援住宅「絆ハウス」とは

低価格で、お客様の資産となる「土地付き住宅」

  1. 今の家賃前後で『土地付き住宅』を提供していきます。 今の家賃前後で『土地付き住宅』を提供していきます。アパート脱却を応援すべく、低価格で資産となる楽しい我が家。
  2. 子供を育てられる住環境 隣への生活音の問題も無く、小さくても庭もあり、車も二台置ける、住宅です。社会で最もかけがえのない財産ともいえる大切な子供達を、伸び伸びとした家庭で育て、家族の絆が育める家を提供していくことが目的です。
    子育て支援住宅についてはこちら
  3. 生活設計の見直し・ローン返済のサポート これからの時代は出費に不安要素を抱えた生活設計は、極力避けるべきだと考えます。 特に人生で最大の出費である、住まいの費用・私達は徹底的に見直す時代が来たと考えております。 ローン返済サポートについてはこちら
賃貸アパートからの脱却を応援します

毎月6万円の家賃でも、10年間で720万円の資産が消滅...

月々のローンの支払いが大変...。
そんな家庭を沢山見てきました。

現在、アパートにお住まいの方はいくら家賃を支払われているのでしょうか?
仮に、毎月6万円の家賃を支払われているのであれば、年間で72万円。10年で720万円支払われる計算となります。

つまり、10年で720万円資産を減らされているのです。私共は、そんなアパート脱却客を応援すべく、低価格でお客様の資産と成る土地付き住宅を提供していきます。

ローン返済サポートについてはこちら

安心して購入いただける『土地付き住宅』

「土地付き住宅」だから明瞭な価格表示で安心です!

当社の子育て支援住宅のメインとしている商品は、『土地付き規格住宅』です。

商品を規格化する事で、工期の短縮や材料の仕入値を下げる事が出来た結果、質を落とさず、低価格”を実現する事ができたのです。

また、当社の規格住宅は「1坪○○万円」という表示での販売は致しません。その理由は、注文住宅ではないからです。

注文住宅の価格表示は本体価格の1坪価格の表示を今は大半の業者がしていますがいろいろオプション価格が多いのも実感です。注文住宅だから、致し方ないと思います。

そこで、どれだけの合計金額になるか、プランを完成しないと分かりにくい、従って、あいまいな価格表示と感じ、お客様が手が届くものなのかどうかが不安となり判断がつかなくなります。

規格住宅は『1棟○○万円』という表示をしております。
お客様に明瞭な金額を示すことで、安心して購入いただける『土地付き住宅』としたのです。

まずは、ぜひ見学会にお越し下さい。
わたしたちスタッフがいつでもご相談を承ります。

見学会のお申込みはこちら
お問い合わせはこちら 求人・採用はこちら
ページの先頭へ